EdgeにはEdgeHTML版とChrominium版があるので気をつけたい話

なぜ2つのEdgeが存在するのか?

EdgeはMicrosoftが提供するブラウザです。

2015年にWindows10とともにリリースされ、当初は「EdgeHTML」というMicrosoftが開発したレンダリングエンジンが使われていました。しかし2020年1月にEdgeが刷新された際、レンダリングエンジンが「Chromium」に変更されました。

EdgeHTML版のEdgeは「Edgeレガシー」と呼ばれ、2021年3月9日にサポートが終了される予定です。しかしすべてのユーザーがアップデートしない限りは、EdgeHTML版とChromium版の2つが存在する状況になっています。

レンダリングエンジンが異なると困ることは?

レンダリングエンジンが違うとHTMLやCSSの解釈が異なり、レイアウト崩れや表示の違いが発生します。「昔見たときには問題なかったのに。。。」といった場合は、Edgeのレンダリングエンジンの影響かもしれません。

なので、特に動的なWebサイト/Webアプリを提供している場合には、

  • Chromium版のEdgeで再度動作チェックを実施
  • 動作環境を明記しているのであればバージョン表記を見直し (バージョン79からChromium版)

を行ったほうがよいでしょう。

Related Posts