SSL証明書を追加しても「保護されていない通信」がでてしまうトラブル

httpsなのに「保護されていない通信」が表示される原因

WordPressを使ったサイトを構築したときに、SSL証明書を導入して”https”でブログ記事にアクセスしても、ブラウザのアドレスバーには「保護されていない通信」が表示されたままの状態でした。

SSL証明書の設定を見直しても特におかしなところはなし。URLもhttpsとなっているし。。。ただ、WordPressの管理者ページだけはきちんと鍵マークが表示されていました。

そこで「保護されていない通信」がでてしまうページでChromeブラウザの開発者ツールの”Security”タブを見てみるとエラーを発見。

“This page includes HTTP resources”

どうやらページ内に”http”のリンクが混ざっていると、httpsでアクセスしても「保護されていない通信」がでてしまうようです。

ページ内のhttpリンク見直しで解決

この場合、httpリンクをhttpsに置き換える必要があります。原因となるリソースは”View xxx request in Network Panel”をクリックすることで把握できます。

私の場合は「WordPressで設定したロゴ画像のリンク」が原因でした。WordPressの管理者画面で、設定 > 一般 から「サイトアドレス(URL)」を見ると確かに”http://~”で設定しまっていました。そのためWordPressのリソースのURLはすべてhttpとなり、結果「保護されていない通信」が表示されてしまったようです。

サイトアドレスを”https://”からはじまるように変更したら、すべてのページで「この接続は保護されています」となりました。

 

 

Related Posts