pingから脱却!ポート番号を指定して疎通確認する方法

疎通確認でよく使うpingコマンドは、ICMPプロトコルを使用したプログラムです。

ただし、ポートという概念がありません。

そのため、通信を確認したいサーバーがICPMプロトコルを許可していない場合や、 特定のポートに対して疎通を確認したい場合には、pingコマンドでは事足りません。

ポートを指定して疎通確認を行う場合はping以外のコマンドを使用することになります。LinuxOS環境下では、 以下のコマンドが入っていることが多いとのことで、これらを利用します。

nc(netcat)を利用する

コマンド

nc -vz [IPやドメイン] [ポート]

-vオプションで詳細な情報を表示します。

-zオプションは、データを送信せずにポートのスキャンのみ行う設定です。

使用例

nc -vz www.google.com 80

curlを利用する

コマンド

curl -I [IPやドメイン]:[ポート]

-Iオプションで、レスポンスヘッダーの情報のみを表示します。

使用例

curl -I www.google.com:80

Related Posts